本文へスキップ

モンゴル旅行lモンゴルツアーlモンゴル観光なら現地専門旅行会社にお任せ!!! 

TEL:+976-7000-0558

現地旅行のご質問、お見積もりはこちらから・・・

メール:info@mongoru-ryoko.mn

美食を楽しむ旅をご提案。○○町の宿 アジナイツアー 

バヤンウルギーという土地

バヤンウルギー県はモンゴル国の最西端に位 置し、南は中国•新疆ウイグル自治区、北はロシア•アルタイ共和国と国境を接しています。西は、カザフスタンと近接しています。バヤンウルギー県の面積 は、45.7万平方キロメートルです。県の標高は1301~4374mと場所によってかなり差がみられます。県の95.3%が標高1600m以上であり、 全体的に非常に高いところに位置しています。県全体がアルタイ山脈の中にあると言えるほど、あちらこちらに万年雪や氷河に山頂を覆われた山々が見えます。
バヤンルギー県の年間平均降水量は102.6mmととても低く、非常に乾燥しています。しかしバヤンウルギー県は、空気が乾燥している一方で、沢山の水資源を有しているという不思議な環境にあります。これは、アルタイ山脈山中の環境と密接に関係しています。
アルタイ山脈山中の年間平均降水量は400~500mmと、県の降水量と比べて非常に多い状況にあります。また、アルタイ山脈山中では、土地が乾燥し ていて硬い、山に木が非常に少ない、岩山が多いなど、様々な条件が重なって、降った雨や雪解け水はすぐに流れだしてしまいます。こうして流れ出した水が各 地で川を作り、低いところには湖を作るのです。バヤンウルギーの土地では、非常に澄んだ美しい川、湖が見ることができます。

アルタイ山脈で守 り抜かれたカザフ伝統のイヌワシ狩り文化

モンゴル最西端の県・バヤンウルギーで暮らすカザフ民族はイヌワシを使った狩りで有名。通常、狩りは山が雪で真っ白になる厳冬期にだけ行われます猛禽類を調教して獲物をとる狩人を日本 では総称して「鷹匠」と呼びます。日本でも古来、クマタカによる鷹狩は武士のたしなみでした。アラブではハヤブサを使った貴族のスポーツとして今でも人気 があります。でも実生活に鷹匠文化が残っているのは世界でもわずか。アルタイ山脈に暮すカザフ民族がその文化の継承者です。中でも群を抜いて多くの優秀な鷹匠が現役 で活動しているのがモンゴル国バヤンウルギーです。社会主義による伝統文化の弾圧、市場経済化による経済的な困難に耐えて民族の誇りであるイヌワシ鷹匠文 化を守り続けています。伝統的な鷹匠装束に身を包んだサグサイソムのベテラン鷹匠の皆さん。重要な行事には必ず登場。サグサイソムは県庁所在地ウルギーか ら約30km。 快適な宿泊施設もあり、一番手軽なカザフ文化体験できる村です。
希少動物を守りな がら共に生きる試み

イヌワシはワシントン条約の絶滅危惧、希少動物にリストアップされている世界でも貴重な猛禽類です。鷹匠が飼育するイヌワシは国の認可 登録を受けています。餌となるウサギのような野生動物が激減したため、イヌワシ飼育も難しくなってきました。そこで2002年に鷹匠たちが結束してイヌワ シの生態調査と保護活動、そして民族伝統文化の保護と振興を目的とした「モンゴルイヌワシ協会」を設立。モンゴル国立科学アカデミー の鳥類学者と一緒に毎 年、イヌワシの計測や狩猟状況、生息環境の調査をしています。鷹匠さんと一緒にイヌワシの個体計測中。計測後に番号付きの足輪をはめて、登録証を渡します。イヌワシの寿命は約20歳。1歳前後で捕獲し、繁殖能力があり自立生 活もできる9歳 くらいのうちに自然に帰します。

見出しカザフ人の衣装

カザフの民族衣装は、男性のものも女性のも のも共通して、伝統的なカザフ文様がたくさん施されています。民族衣装は、普段は着用している人をあまり見ませんが、祭りなど特別な行事の際になると多く の人が着用している様子を見る事ができます。民族衣装の文様は、貼付けられているものがほとんどですが、かつては一つ一つ丁寧に刺繍が施されていたといわ れています。
バヤンウルギーはどこ?

バヤンウルギーツアー
冬のモンゴル観光 アルタイ山脈で守 り抜かれたカザフ伝統のイヌワシ狩り文化 8日間
モンゴル最西端の県・バヤンウルギーで暮らすカザフ民族はイヌワシを使った狩りで有名。通常、狩りは山が雪で真っ白になる厳冬期にだけ行われます。