本文へスキップ

モンゴル旅行lモンゴルツアーlモンゴル観光なら現地専門旅行会社にお任せ!!! 

TEL:+976-7000-0558

現地旅行のご質問、お見積もりはこちらから・・・

メール:info@mongoru-ryoko.mn

美食を楽しむ旅をご提案。○○町の宿 オーベルジュ・ビルダー

モンゴルのイベントやお祭りを楽しみに行きませんか?ナーダム祭り、国家の記念日、文化や宗教的な行事、世界的なスポーツ大会。一般人も入場可能の展示会。一見クレイジーだけど、観光客も地元の人も同じくらい楽しめるお祭り。普段のモンゴルとはちょっと違う雰囲気を体験できたり、よりモンゴルらしさなどを知ることができたりするのが、イベントやお祭りの魅力です。

夏のモンゴル観光イベント祭り

ナーダム祭り

ナーダムとはモンゴルの言葉で祭りを意味する。モンゴル各地で年に数回行われているが、最大のナーダムは首都ウランバートルで開催される国家主催のもの。革命記念日である7月11日から3日間、モンゴル相撲、競馬、弓射の三つの競技が行われる。各地から選手が集まり、相撲には500人もの力士が参加。また競馬の騎手は6歳以上の子どもが務めるという特徴があり、約400頭の馬が参加する。騎馬隊のパレードや馬頭琴の演奏、民族舞踊などもあり、モンゴル民族の重要な祭典。


モンゴル国際マラソン

モンゴル国でも数多くマラソンが開催されています。モンゴル大草原マラソン(ウランバートル郊外の大草原で走る)、ウランバートル国際マラソン(モンゴル首都ウランバートル市内で走る)、ゴビ砂漠マラソン(南ゴビで走る)など複合競技の大会も毎年開催されています。モンゴルマラソンツアーをお考えているランナー様、お気軽にお問い合わせください。




冬のモンゴル観光イベント祭り
モンゴルの観光シーズンは夏だけでもない。冬のモンゴルではたくさんの面白いイベントが御座います。寝台列車に乗り込み、目指すは砂漠の町サインシャンダ、初日の出観賞、モンゴルお正月イベント、イーグルフィスティバル、フブスグル湖の氷祭り、、南ゴビのラクダ祭り、カザフ族のイーグル祭り、犬ぞり、スキーなどのイベントがあります。

鷲巧の採点・イーグルフェスティバル

毎年2度、鷲巧の採点があります。冬の3月にモンゴルの各地方都市からカザフ族の鷲匠たちがウランバートル近郊に集結し、 鷲を使った狩りのコンテストが繰り広げられます。 
コンテストに参加するカザフ族は色艶やかな衣装に身をまとい、日ごろ調教している自慢の鷲を披露します。馬に颯爽とまたがり腕にはパートナーである鷲をのせコンテストは行われます。 人馬一体となり、鷲との連携をはかり狩りをする姿は圧巻です。































氷祭りとスケート大会

モンゴルの北に位置するフブスグル湖で毎年氷祭りトスケート競技大会が行われます。日本の琵琶湖の4倍の大きさを誇るこの湖が なんと、5tトラックが通れてしまうほどの厚さに凍ります。 馬ゾリレース大会や氷上モンゴル相撲、2日間に渡って繰り広げられる。
100キロスケートマラソンなどイベント内容は盛りだくさんです。氷で作られたゲルをはじめ、家具や食器まで氷で作られたアイスバーに犬ぞり、馬ぞりやトナカイなど様々なレースやモンゴルならではの民族舞踊にコンサート、氷上の相撲大会やシャーマンの儀式など氷上で行われる数々のイベントを楽しみます。このイベントでモンゴル大統領も参加しています。

アイス(氷)祭りご参加、フブスグル湖、トナカイを飼うツァータン族、遊牧民生活、乗馬、トナカイに乗る、モンゴルの民族・歴史・文化・習慣を体験できます。




















ラクダ祭り(冬のふたこぶラクダ祭り)

モンゴルの南に広がる広大なゴビ砂漠南ゴビ地方で、冬のふたこぶラクダのお祭りが毎年行われたいます。モンゴルのラクダは中央アジアに生息するふたこぶラクダです。 
ゴビ砂漠の人々と関わりの深いラクダで競うラクダレースやラクダのポロなど 競技の数々を観戦、お楽しみいだけます。年に1度の祭典会場であるボルガン村では今年も「らくだ祭」が行われます。もともと は、減少するらくだの保護の為に行われた祭典で、「らくだの、らくだによる、らくだの為の祭典」を一目見ようと、国内外問わず訪問者が年々増加していま す。ゴビ砂漠の人々と関わりの深いラクダで競うラクダレースやラクダのポロなど 競技の数々を観戦、お楽しみいだけます

モンゴルお正月イベント・ツァガンサル(白い月)

中央アジアの草原に住む遊牧民・モンゴル民族が盛大に祝うお祭りは、ツァガーンサル ( お正月 ) 「ツァガンサル(白い月)」と呼ばれます。 旧暦に従って決められるので日取りは毎年変わります。お正月には家族、親戚などが集まりごちそうを囲みながら、厳しい冬を乗り越えて春を迎える事に喜び、一年間の幸せを祈ります。「ツァガンサル(白い月)」の白はモンゴルでは純粋さを表現し、モンゴル人が尊ぶ乳の色でもあります。お正月は何も悪いことがない真っ白な月という意味もあります。元旦には日の出前に起き、きれいな服に着替え、それぞれの幸運の方向に歩き、功徳の方向から戻ります。この儀式の後、大地にミルクを捧げ、日の出とともに家族と挨拶を交わします。大晦日と旧正月をモンゴル式で遊牧民の家族といっしょに、お祝いしましょう。






























モンゴル初日の出観賞

年の初日の出を見る式典が行われる。
ウランバートル駅から初日の出専用列車で郊外の大草原に行きます。
モンゴルの雄大な大草原から昇る初日の出の鑑賞をお楽しみ下さい。モンゴルの初日の出を見たい旅行者には、ウランバートル市から 東へ100キロ離れたハンガイという大平原まで、列車で行くというイベントがあります。このイベントには、モンゴルの首脳たちをはじめ、一般人の人々、モ ンゴルに駐在している日本人、ロシア人、アメリカ人などが参加し、初日を見ながら、健康や発展、安泰など年頭祈願をする。イベントの際、モンゴルの伝統的な宗教であるシャーマニズムの儀礼や、伝統芸術によるコンサートが披露される。

























































N