本文へスキップ

モンゴル旅行lモンゴルツアーlモンゴル観光なら現地専門旅行会社にお任せ!!! 

TEL:+976-7000-0558

現地旅行のご質問、お見積もりはこちらから・・・

メール:info@mongoru-ryoko.mn

ザミンウデ駅、サインシャンド駅、世界エネルギーセンター

ザミンウデ駅
モンゴルから中国北部に広がるゴビ砂漠のうち、モンゴルの南部一帯の広大な地域をいいます。砂漠といっても短い草がまばらに生えた大平原が広がり、森や泉 も点在し、さまざまな生態系が見られます。ウランバートルから夜行列車で1115時間。鉄道が敷設された1956年に造られた国境の町。モンゴル語で 「道の扉」を意味します。晴れた日には中国側 国境の町を遠くに見ることもできる、砂漠に現れたオアシスのような町です。ザミンウデから80キロのところに大きいな砂丘が見られる。ウランバートルの南 東650km、中国との国境近くにある町で、モンゴルと中国を結ぶ鉄道のモンゴル側の国境駅です。近郊の遊牧民を訪ねるツアーや、中国側の国境の町・二連 (エレン)を訪ねるツアーがあります。



ホットスポット、世界エネルギーセンター、サインシャンド駅、ハミリン寺院
値段の割には非常に価値のあるツアーを楽しむ事ができます。比較的、安い料金でモンゴルのゴビ砂漠の美しさやミステリーを体験していただき、さらに国内列車にて東モンゴルの風景を見ることができます。モンゴルの最も大きい砂丘や18世紀の有名な宗教貴族で詩人でもあるダンザンラブジャー氏によって建てられた仏教徒の寺院“ハマリーン寺院”見学が今回のツアーの見所となっています。サインシャンド街までの列車内では皆様におくつろぎいただくるよう団体客には一車両をご用意させていただきます。ゴビの生き仏ダンザンラブジャーは、彼の弟子に多くの色のついた丘(それは位置する近くにハマル寺院です)の中で集まって、シャンバラのための図面が着陸させる割合をつくらせて、そのうえ木の卒塔婆、ドアと石の山で瞑想練習国を建設しました。その場所で、彼の神聖さは神聖なシャンバラランドで彼のすべて弟子 に会うために祈りをしました、そして、シャンバラが現在着陸して、この場所は知られています。それで、それはこの頃は、平伏と遠回しのために最も神聖な場 所のうちの1つです。

ハマリーン僧院
ハマルーン僧院は1820年代に、19 世紀の有名なモンゴル人の教育者でもあり文学図者でもあるダンザンラブジャーによって設立されました。僧院は仏教徒の「赤いセクト」の重要な場所で、ゴビに於ける過酷で高貴な聖人のための居場所でした。彼が置かれていた社会での厳しい批判、打破できない階級、性の区別とダンザンラブジャーは戦いました。彼は公的な教育を行うことにとても努力しました。彼はハマルーン僧院に公立学校、劇場、博物館、および図書館を設立し総合的な公的教育を促進しました。
地元の人々は僧院で行われる多くの宗教活動に参加しました。ハマルーン僧院は、より多くの敬意と特権が男性より女性に与えられた場所として19世紀のモンゴルではユニークでした。このような進歩的な姿勢を示すため ダンザンラブジャーは女性の優秀さを「ウレムジーン・チャナル」(すばらしさの品質)という歌にしました。ウレムジーン・チャナルは今日でも、人気があり ます。 僧院の周辺には恐竜の骨の化石、化石木、および他の希少な古生物の死骸が広範囲に見られます。 僧院は1938 年にソビエトによりモンゴルの仏教廃蹟運動で完全に破壊されました。ハマルーン僧院はズーンバヤンの居住者ゾリグトバートルや他の人々、地方の教団の支援で1990年代に復元しました。

ゴビ自然
モンゴルゴビの特徴である 砂丘、オアシス、ザグという木の森、センジトハドという驚異的な岩、石化された木、2億年前の恐竜の骨/今も自然のままである/などを見物することができます。

ダンザンラブジャーの博物館
ダンザンラブジャーの博物館は、モンゴルの歴史で最も偉大で最も変わった知識人を記念して、1991年に設立されました。博物館は、彼の人生と仕事を例示している彼の本、宗教的なアイテム、舞台衣装、個人の財産と類似した物とともに、ダンザンラブジャー元の芸術的な作品と文学的な原稿を提出しております。

世界エネルギーセンター観光地図
エネルギーセンターはどこ?

シャンバラランドツアー・列車旅

コースコード:GZG-2008  冬のモンゴル広大な大地を大陸列車でゴビ砂漠へ ゲル23日間

冬のモンゴル広大な大地を大陸列車でゴビ砂漠へ  専用車付き、日本語ガイド同行


イメージ

1日目

朝食後、現地ホテルに日本語ガイドに会います。ウランバートル駅へ。大陸列車にて東ゴビのサインシャンド駅へ。列車の旅をお楽しみください。夕方到着後、ツーリストゲルへ向かいます。ツーリストゲルまで1時間です。夜は満天の星空を見る

【ツーリスト・ゲル泊】



イメージ

2日目

朝食後:ハマル寺院を訪問します。世界エネルギーセンター観光。次に恐竜の骨、勤行の洞窟などを見物します。古代ラマ僧が瞑想の場所とした岩場などを訪れます。その付近にて化石発掘体験。専用車にて「黒い山」というところへ移動します。役70キロ。ゲルへ戻ります。18時にサインシャンド駅へ出発。途中で砂漠で夕日を見る。ダンザンラブジャーー博物館を見物します。サインシャンド駅のレストランに食事します。20時に列車でウランバートル向け出発。夕食後、大陸寝台列車にてウランバートルへ向かいます。寝台列車の旅をお楽しみ下さい。

【列車内泊】

3日目

朝08時ウランバートル到着。市内主要ホテル到着後、お疲れ様でした。

食事

朝:○○

昼:○○

夜:○○

コースコード:GZG-2008

1名 410USドル

2名 380USドル

3名 350USドル

モンゴルの観光シーズンは夏だけでもない。冬のモンゴルでは寝台列車に乗り込み、目指すは砂漠の町サインシャンダ。大陸の広さを実感できる列車旅の魅力はもちろん、目的地のサインシャンダはモンゴルで大注目のパワースポットでもあります。この旅行は、集まりますの上で生命、そして、有力な19世紀のcentureモンゴルの教育者画家の作品、詩人、そして、ハマル寺院の前の席への訪問を含む学者ダンザンラブジャー。ここでエネルギーを受けると願 い事がかなうとモンゴル人の間で信じられているとか。108の穴の岩窟やおっぱい岩、珪化木や恐竜の化石など見所も満載です。近くの砂丘へラクダまたは馬で行くことも可能です。


東モンゴル観光 東ゴビサインシャンド ホットスポット 列車旅8日間コース

列車にのる 東ゴビ  化石発掘体験と古代ラマ僧の瞑想地をいく選べるABC  8日間 

東ゴビ世界エネルギーセンター・テレルジ国立公園・13世紀村 6日間コース

ゲル滞在・列車旅・シャンバラランド、ハマル寺院、チンギスハーン像、テレルジ観光・ウランバートル市内観光も

東ゴビサインシャンド ホットスポット・カラコルム遺産・ツェンケル温泉8日間ツアー
列車にのる 東ゴビ  化石発掘体験と古代ラマ僧の瞑想地をいく、カラコルム遺産、エレデネゾー寺院見学。大草原のツェンヘル温泉でフリープラン。乗馬体験・ゲル宿泊ツアー

(モンゴルのツアーをもっと見る)