本文へスキップ

モンゴル旅行lモンゴルツアーlモンゴル観光なら現地専門旅行会社にお任せ!!! 

電話番号: +976-7000-0558

現地旅行のご質問、お見積もりはこちらから・・・

メール:info@mongoru-ryoko.mn

美食を楽しむ旅をご提案。○○町の宿 オーベルジュ・ビルダー

モンゴル観光開発

モンゴルの観光業は1954年から行政指導の下で独自に開発された。行政主導による開発だったため、観光業への民間の参入は一切なく、観光ルートも決まったコースに限っていたとされている。

観光による収益は国家予算に割り当てられていたため、地域住民への直接かつ経済的な影響はなかったと考えられる。社会主義という政治的な特徴もあり、観光客と地域住民との接触が限られ、社会文化的な影響も少なかったと推測される。
1990年以降のモンゴルの観光業は民間主導の下、民間資本による観光開発へと転向した。観光はモンゴルの成長産業の一つとなり、 2000年5月に「モンゴル観光法」が施行され、道路交通観光省が設立された。観光客の数は劇的に増加し、現在およそ5倍の57万人となっている。観光産業による収益は2019年に6兆5千3百万ドルとなっているほか、観光収益は国内GDPのおよそ10パーセントを占め、鉱業(モンゴルGDPの25%)、牧畜業(モンゴルGDPの12%)に次ぐ経済を支える重要な分野となっています。

モンゴル DATE
■ 国名:モンゴル国(首都:ウランバートル)
■ 面積:156万4100km²(日本の4倍)
■ 人口:約320万人(日本の約50分の1)
■ 通貨:トゥグリグ Tugrug(tg)
■ 言語:モンゴル語(バヤンウルギーではカザフ語も)
■ 国教:チベット仏教(バヤンウルギーではイスラム教も)
■ 時差:日本時間-1時間(西部はウランバートル-1時間)







          
         


新ウランバートル国際空港


三菱商事と成田国際空港、日本空港ビルデング、JALUXの4社は、2020年7月1日に供用を開始する計画の、モンゴルのウランバートル国際空港ができました。

4社が出資するJapan Airport Management LCCが51%、モンゴル政府が出資するKhushigiin Khundii Airport, State Owned LLCが49%を出資し、New Ulaanbaatar International Airport LCCを設立。モンゴル国家開発庁との間で15年間の営業権契約を締結した。

現在運用しているウランバートル国際空港は、南側と東側を山に囲まれた地理的制約から、滑走路の片側からしか離着陸が出来ず、風向き等の気象条件により運用が制限されている。需要の増加に伴い、日本からの円借款によって、ウランバートル市中心部の南方約50キロの場所に、新空港を建設。2020年10月1日から開催される予定です。

日本航空(JAL/JL、9201)は、MIATモンゴル航空(MGL/OM)とコードシェア(共同運航)を今年から開始する予定です。




日本の旅行会社の皆様へ

弊社のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
『日本市場に向けてより多くのお客様に、よりご満足いただける質の高いプラン、サービスを、より安い料金で提供したい。』という気持ちを持ち、経験豊富な有志が集まり志新たにしております。社 員一人一人が共に考え、共に働くことで、今以上に喜びと誇りを持って働けるそんなシネズーチトラベルにして行きたいと思っております。今後とも、更に経験 を積んで、日本のお客様とモンゴル国との友情を深めていく事が、大きな願い事です。
「色々ありがとう、楽しかったよ」 こんなお客様の一言に私共は喜びを感じ、そのために日々努力をしています。そして「次のモンゴル旅行もよろしく」と言っていただけるような “本当に満足できる旅” をご提供するために、日本の旅行会社の皆様とともにこれからも一層努力を続けて行きたいです。

モンゴル全国どこでも対応。旅行会社への見積もりは無料!「見積もりを取ったけどいいプランが無い」という場合は、質問や相談、追加の希望を伝えてベストなプランを作り上げていきましょう。

日本の旅行会社の皆様への敬意を表しますとともに、今後ともモンゴルと日本との観光分野における交流と協力が、活発で実りあるものとなることを、心より期待しております。

モンゴル観光分野に関するご意見と質問などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

今後とも宜しくお願い致します。