本文へスキップ

モンゴル旅行lモンゴルツアーlモンゴル観光なら現地専門旅行会社にお任せ!!! 

TEL:+976-7000-0558

現地旅行のご質問、お見積もりはこちらから・・・

メール:info@mongoru-ryoko.mn

美食を楽しむ旅をご提案。○○町の宿 モンゴル旅の季節と服装

モンゴル旅の季節と服装
モンゴル天気情報

(7〜8月頃)は旅行に一番よい季節であるが、大陸性気候のため、昼間と朝晩の気温差が激しく、また昼間に急に雨が降 り気温が下がることもある。したがって、雨具と着脱が簡単なカーディガン、ジャンバー類が必要。また、晴れた日は日差しが強いので、長時間戸外に出る場合 は帽子、サングラスを用意したい。特にゴビ地方にいく場合、日差しをさえぎるものが無いので、帽子は必需品である。

(9〜10月)は天候が安定し ているのが突然寒くなる。特に地方ではかなり冷え込むことを覚悟し、ズボン下、厚手の靴下、セーターなどを用意すること。都市部のホテルでは9月15日頃 より暖房が入る。しかし、部屋の中が乾燥するため、朝起きるとのどが腫れていることがあるので、寝る前に洗濯物を部屋の中に干したり、ベッドの脇に水を用 意したりと、乾燥の対策が必要。

(11〜4月)は−30〜−40℃と大変寒いが、防寒を完全にすれば意外に旅行できる。ただし12月の末 から2月頃は厳冬期で、充分な準備が必要です。帽子は耳まで隠れる冬山用などのもの、素材は毛皮かフリースがよい。厚手のフードが付いているコートは頬を 保護できるので帽子より暖かい。マフラーは口の周りも覆える長さがほしい。コートは膝まであるもの、素材は毛皮もよいが、ダウン入りの新素材のほうが軽く て行動しやすい手袋はニットのものよりは、風を通さないもののほうがよい。上半身の下着は、起毛している防寒用のものがよいだろう。ズボン下、厚手の靴下 なども必需品、靴は裏ボア付きのものでハーフブーツ以上の丈が必要。ウランバートルでも欧州製のよいものがUS$100
以内で購入できる。厚手の靴下を2枚履くことも考えてサイズに余裕をもたせ靴底は厚く、滑りにくいものを選ぶこと。なお、雪が降ってもさらさらしているので傘は不要です。

(5〜6月)は天候が不安定で、吹雪、猛烈な砂嵐、雨混じりの雪の日もあり、1日のうちで暖かくなったり寒くなったりすることもあるので、この時期の旅行はあまりすすめられない。

準備しておきたい物

ゲルに泊まるときはトイレが外になるし、ウランバートルは停電がときおりあることと階段は暗いので、懐中電灯や登山用のヘッドライトが必需品である。
ま た、ホテルでの食事は基本的に洋風肉料理である。材料は羊、牛が中心だが豚、鳥、川魚も出る。肉に片寄る料理なので、胃がもたれ気味のときはヨーグルトな どの乳製品をとるとよい。食に対する適応性がないと思う人は、日本からインスタント食品を持って行くのもひとつの方法である。

持って行きましょう
・ノンガスの防虫スプレーとかゆみ止め(地方のツーリストキャンプでは蚊がすごく多い)
・ウエットティッシュ・ポケットティッシュ(トイレにペーパーがない時が多い)
・懐中電灯・ライター(停電が多い夜、ゲルからトイレに行く時にも必要)
・薬(普段から飲み慣れたもの
・風邪薬、胃薬、下痢止めなどが重宝します)
・サングラス
・帽子
・手袋(乗馬をする時の手の皮剥け防止)
・日焼け止め(海抜が高いため、紫外線がかなりきつい)
・リップクリームやスキンクリーム(乾燥がひどい為)
・調味料(特に醤油や,わさび,からし,マヨネーズ等。 この他にも小さな容器に入れて持っていると便利)
・インスタント食品(味噌汁など、肉料理が中心のため、胃がもたれます)
・紙コップ・箸(インスタント食品を食べるときに便利)・新聞紙(ゲルのストーブの薪に火をつける時必要)
・使い捨てカイロ
・「冷えピタ」等の熱さまし
・ナップザック
(ゴビ・カラコルム等に行く際、トランクを持ち運べない場合が多いので1〜2泊分の荷物だけ分けて持っていく)
・カメラのフィルム(あまり売っていない為)
・特殊な形の電池(カメラ用の電池やボタン型の電池はあまり売っていない)

体調不良に陥ったときには

疲 れたときやおなかをこわしたときは、水分補給が大切だが、ミネラルウオーターより体液に近いイオン飲料のほうがいい。体液に近い成分組成だから、身体に負 担をかけることなく、水分を補給でき、長時間体内を潤し続けてくれる。ミネラルウオーターに溶かして飲むポカリスエットなどの粉末タイプなら旅立ち前に簡 単に手に入れるし、かさばらないので携帯にも便利だ。

モンゴルを旅する女性のためのA to Z

聞きたくてもちょっと聞きづらい…………女性ならではの心配ごとにお答えします。

日焼け
涼しくて快適でも、日差しは半端でなく強いのがモンゴルの夏。日焼け止めは必携。かなりブロック効果の強いもので、紫外線をしっかりガードしよう。また外出の際は必ず帽子、できればつばが広いものをかぶって。日射病対策にもなる。
草 原には日陰がなく、本当に逃げ場がない。日差しだけでなく、空気の乾燥もすごいので、必ず保湿効果の高いクリームや美容液を持参して毎晩ケアを。リップク リームも忘れずに。特に乗馬トレッキングの際は注意。短時間でも油断すると、真っ赤になりヒリヒリと肌がやけど状態になってしまう。首、腕なども日焼けし たくない人は、暑さはがまんして長袖のシャツやタオルで防御して。

洗顔
水道のない郊外や地方では日本のような完璧な 洗顔はなかなか難しい。汗はそれほどかかないにしても、日焼け止めを使うし砂ぼこりも多い。そんなとき役に立つのが、大判のウエットティッシュ。クレンジ ング効果のあるタイプも、シャワーに入らない状況下では体も拭けて便利。携帯用をバッグに入れておけば、バスや車での移動中でも使用でき重宝。拭くだけで も気分がスッキリする。

トイレ
草原の旅では、大自然の中で用を足すことが少なくない。地方でも定住している家屋には掘っ立て小屋のトイレがあるが、遊牧民のゲルにはトイレがないのが普通。慣れてしまえばくせになる(!?)「青空トイレ」だが、初めは見渡す限りの平地のどこで?ととまどう人も多いはず。
ま ず、どこへ行くときもトイレットペーパー(もちろん水溶性)を持参すること。地形が低くなっていたり、くぼ地や木陰など見えにくい場所へ行ってしゃがも う。後ろが無防備になるのが不安という人は、ロングスカートでカバーでカバーするのも手。現地女性に聞く、民族衣装のデールを羽織っておしりを隠すことも あるそう。使用後のペーパーは飛ばずに土に返るように上から土をかぶせよう。
町歩きのときもトイレを探すのはひと苦労。急ぎのときはホテルや大学が確実。モンゴル国立大学隣にできたモンゴル日本センターのトイレはきれいで快適。


生理用品
生理用品は、ウランバートルなら売店やスーパーなどどこでも買える。外国人がよく利用するスーパーなどでは韓国製など品質のよいものも手に入るので、地方に出る前にぜひ準備を。
使用後のナプキン類は、トイレのない場所では飛行機内に置いてある紙バッグなどに入れて捨てずに持ち帰り、町やツーリストキャンプなどで捨てるようにしたい。

便秘
野 菜が少ない地方の食事や慣れない気候や緊張によって、便秘に悩まされる人も少なくない。そういった際はヨーグルト(モンゴル語でタラグ)を食べるのが効果 的。酸味が強い場合は砂糖を入れて。現地では寝る前に食べることが多い。モンゴル伝統的なチーズ(ビャスラグ)を食べ過ぎると便秘になるとか。

着替え
遊 牧民のゲルに滞在する場合、プライバシーはないに等しい。現地の女性たちはデールを羽織るなどしてサッと着替えっている。朝晩の着替えはともかく、下着を 替えたり、体を拭いたりしたいときはどうしよう?そういうときは遠慮なく、「着替えをしたいから、ちょっと外に出てもらえる?」と家の人にお願いし、男性 たちに外へ出てもらおう。ゲルに滞在するときはわが家にいるようにすべきで、遠慮は無用。

夜間のひとり歩き
首都ウラ ンバートルでは市場経済になり貧富の差が拡大し治安が悪化。スリやひったくり、さらに強盗やレイプなどの凶悪な事件も近年急増している。モンゴル人でも女 性ひとりで夜間外出は避けているほど事態は深刻。夏は日没が遅いためついつい油断しがちだが、日暮れ以降のひとり歩きは厳禁。昼間でも人通りの少ない場所 はひとりで歩かないこと。
また地方では夜は文字どおりの真っ暗闇。ひとりでの外出は絶対しないこと。道に迷う危険もあるし、危険は犬や狼だけではありません。

その他
モ ンゴル人は概して感情表現がストレート。友人の間柄でも肩を組んだり、スキンシップの度合いが日本人よりかなり高いといえる。フレンドリーでうれしいと思 う人もいれば、馴れ馴れしいと不快に感じる人もいるだろう。よくも悪くも大らかで、自由なモンゴル人男性があなたに迫ってくる可能性もないとはいえませ ん。嫌な場合は、はっきりと強い態度で意思表示を。「ボリ!」(やめなさい)と恫喝し、日本語でもいいのでとにかく怒りを伝えること。酔っ払った人には決 して近寄らず、相手にしないこと。酒を飲んで会いに来るような友人とは付き合わないほうが無難。

ゲルの作法

ゲルの中にはさまざ まなルールが存在する。現在モンゴルではゲルの中の決まり事について、それほど気にする必要はなくなってきている。大切なのはそのゲルの主人を敬うことで あり、日本人の常識内で接していれば、トラブルが生じるようなことは滅多にない。しかし、モンゴル人にとっては誰もが身に付けている基本的なことなので、 ゲルを訪問する以上、知っておきたい。そうすればあなたに対する印象は格段によくなるだろう。

ゲルの中に入るとき
ゲルの近くには必ず番犬がいる。吠えられる場合があるが、主人に客の訪れを知らせる呼び鈴の役割でもあるので、主人が出てきて制止するまでは近づかないように。
― ゲルには帽子をとってから入ること。
― ゲルに入るときは右足から。
― 入り口の敷居を踏んだり、座ってはいけない。

ゲルの中では
― 入口の正面奥が上座、左側が男性の座、右側が女性の座・子供の座になっており、客    
  は女性でも上座か男性の座の座る。しかし女性は男性の中央の2本の柱(バガナ)よ
り奥に座ってはいけない。
― ものを受け取る際は必ず両手で受け取ること。
― 出されたものはすべて残さずいただくほうがよいが、無理な場合は最低限口を付ける
のが礼儀。

ゲルの中の禁止事項
― 中央の2本の柱(バガナ)の間は通ってはいけない。2本の柱は男女を表し、その間を
通ることはその家の夫婦の中を裂くという意味になる。
― ストーブの中に、ゴミを入れてはいけない。

草原でキャンプする場合のアドバイス
モンゴルでは草原でのキャンプは禁止されておらず、外国人でもテントを張ることができる。モンゴルの大自然、満天の星空を体感するには草原でのキャンプが一番よい方法であろう。

テントツアー準備する物について

テントは安いもので充分だが、寝袋だけはしっかりしたものがよい。9月にテント泊をするなら使用可能限界温度の表示が−10℃を超えるものを用意した方が無難。エアマットはあったほうがよいが、かさ張るのでウランバートルのアウトドアショップで購入してもよい。
クッキング用にはMSRなどのガスコンロ(すべての燃料を使用できる物)が好ましい。
自転車や馬での旅では、ガソリンが買えず、使えないことがあるので、焚き火の準備もすること。慣れていない人は着火剤を持つと便利。
食材は現地の小さな村でも、米・パン・缶詰・野菜(ジャガイモ・玉ねぎ)・水など購入可能。しかし、ビタミン源になる果物などは売っていないので、オレンジやりんごをウランバートルから持っていくとよい。果汁入りのジュースもおすすめ。

焚き火の注意

遊 牧民のゲル付近でテント泊をする場合、牧草地で焚き火をし、トラブルになることがある。所有権はないが、彼らは遊牧民。自分が占有している土地で、まして や大切な家畜の餌となる草の上で勝手なことをするのはトラブルの元になる。ひと声かけてからにしよう。また、遊牧民が焚き火をする場合、火の後始末にはと ても気を使う。ただでさえ、少ない、草木の荒涼とした大地。必ず火元は完全に消すように。

荷物の管理について

周囲に誰も見当たらない、 周辺にゲルや民家がないと安心し、ちょっとテントを離れた隙に物が盗まれることがあるので、荷物の管理はしっかりとすること。遊牧民が馬やバイクを使って 行動する範囲は意外に広く注意が必要だ。ただ、あまり悪意がなく、ちょっとしたでき心、子供のいたずらなどが多いので、テントのジッパーに鍵をかけるだけ で防げることもある。ただし、町周辺でテントを張る場合には窃盗事件などの犯罪が多いので、貴重品をテントに置いていくのは、やめたほうがよい。

このページの先頭へ