本文へスキップ

モンゴル旅行lモンゴルツアーlモンゴル観光なら現地専門旅行会社にお任せ!!! 

TEL:+976-7000-0558

現地旅行のご質問、お見積もりはこちらから・・・

メール:info@mongoru-ryoko.mn

美食を楽しむ旅をご提案。○○町の宿 オーベルジュ・ビルダー

スペシャルアドベンチャーモンゴルツアー

モンゴルのスペシャルアドベンチャーツアー・旅行・モンゴル観光をお考えなら,日本語ガイドが揃っている現地専門旅行会社にお任せください。モンゴルに精通した専門ツアースタッフが,これまでの経験と最新の情報を盛り込んで,お客様のご要望・ご予算に応じてモンゴル旅行を企画・手配しております。自分だけの「スペシャルアドベンチャーツアー」をお作りください。モンゴルSITツアーをお考えならお気軽に連絡ください。



モンゴルスペシャルツアー一覧

モンゴル昆虫採集の旅  採集した昆虫にはCITES許可書が発行されます。

オオアカボシウスバ、オーロラモンキチョウ、クリソテーメモンキチョウ、アムールモンキチョウ、タイリクコヒョウモン、タカネヒョウモン、シロオビヒメヒカ ゲ、キイロヒメヒカゲ、メドューサベニヒカゲ、ハイラルベニヒカゲ、オオタカネヒカゲ、ツマジロウラジャノメ、ダイトクシジミ、ハマベシジミ、アリオンゴ マシジミなどの蝶類、各種甲虫類を採集観察いたします。

大草原のモンゴルでバードウォッチングや野鳥撮影ツアー08日間 

タイガからステップまでを移動し、環境ごとに異なった野鳥観察を、モンゴルに生息する野鳥についての幅広い知識を持つモンゴル人専門家によるガイドとともにお楽しみいただけます。 ツアーでは、モンゴルの国鳥であるワキスジハヤブサ、ヒゲワシ、 オオノスリ、アカアシチョウゲンボウ, ソウゲンワシ、キガシラウミワシなどの猛禽類をはじめ水鳥、愛くるしい小鳥たち150種以上の野鳥が迎えてくれることでしょう。 野鳥リストはここです。

大草原の国モンゴルでバードウォッチングや野鳥撮影ツアー11日間 

モンゴル野鳥紀行〜タイガの森からモンゴル南ゴビ、砂丘まで〜  野鳥リスト
モンゴルは東アジア地域において、野鳥観察のメッカの1つといえます。弊社はモンゴル鳥類学会(NGO)と協力し専門のバードガイドを手配いたします。また、日本語ガイドが全期間同行いたしますので、言葉の心配もありません。

モンゴルタイメンフィッシングツアー8日間

モンゴルのイトウ(タイメン/アムールイトウ)は世界に5種類生息するイトウ属の中の1つでユーラシア大陸東北部に分布しております。最大2m近くになるこの魚は世界最大級のサケ科の魚です。これまでの記録は150cm、28kgです。タイメン以外にレノック(コクチマス)は多数生息しており外道言え60cmを超えるトラウトですので侮れません。ドライフライや小型ルアーで楽しい釣りができるでしょう。モンゴルでイトウ釣りをお考えの方は是非チャレンジしてください。

モンゴルのヘルレン川・オノン川・バルジ川イトウ釣り体験8日〜12日間

オノン川の魚種:タイメン、レノック、グレーリング、アルタイ・・・?、ノーザンパイク。オノン川は、モンゴル帝国を築いたチンギスハーン所縁のエリアを流れている。生誕の地をはじめ、各地に足跡を残している。

第9回ウランバートル国際マラソンツアー・チンギスハーン広場2018年5月20日

スタート及びゴール地点はウランバートル市の中心であり、大モンゴル建国800周年を記念して建設されたチンギスハーン記念宮殿の前に位置するチンギスハーン広場を使用します。広場から国道を東へ向かい、約7qで市内を抜けて緑の大草原の中を折り返し点まで2km、42km走ります。

2018年の第22回モンゴル国際草原マラソン大会ツアー5〜6日間

大草原を風まかせに走る。「謎」いっぱいの心ときめく世界で唯一の「草原マラソン」。日本大使館後援で大使も走る。終了後の草原パーティーは友好の輪。日本語のできる学生が通訳し、最高に楽しい!様々な外国人も参加します。高齢者では80歳の方も!優勝すれば、「馬一頭」。さあ、チャレンジして!


モンゴル 蝶採集ツアー モンゴル登山ツアー  バードウォッチング 野鳥撮影ツアー タイメンフィッシングツアー